Flourish

フラリシュ・コンサルティング株式会社

咲かせよう、あなただけの才能を。
作ろう、自分らしく輝ける社会を。

ABOUT

代表者ご挨拶

フラリシュという社名は、英語のFlourish(開花する・咲き誇る)という意味から来ています。 長年ストレングス・ファインダーを使ってコーチングをしてきた私は、自分らしさを抑え込むのではなく、自分らしさを解放した人々が圧倒的なパフォーマンスを発揮する姿を目の当たりにしてきました。人は自分の役割を全うするために、他の何者かになる必要はないのです。 自分らしさを開花させ、誰かのために貢献する。私は、そうした人々であふれ、高いパフォーマンスを上げる組織、ひいては社会にしていくためのサービスを提供しています。

顔写真 動画リンク
PROFILE

フラリシュ・コンサルティング株式会社
代表取締役古屋博子

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成講座トレーナー、認定ストレングスコーチ。ギャラップ社シ ニア・コンサルタント。ICF(国際コーチ連盟)認定コーチ。学術博士(東京大学大学院)、政治学 修士(慶應義塾大学大学院)。
ストレングス・ファインダーや従業員エンゲージメントの導入実績多数。社会科学の豊富な知見、ギャラップ社で長年鍛えられたストレングス・ファインダーに関する専門性、豊富な経験の積み重ねによる直観的な洞察が特徴。
20年以上の大学講師歴と、ベトナムに2年、アメリカに5年以上の滞在経験を持ち、異文化感受性発達理論(ダイバーシティの受容度と活用度)にも詳しい。現在2児の母として、育児と仕事を両立させながら自分らしいワークスタイルを確立している。 ギャラップ社のYouTube番組「Theme Thursday」日本版でストレングス・ファインダーの資質について解説も担当。

才能に目覚めよう

トム・ラス著 翻訳:古屋博子
「さぁ、才能に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」
(日本経済新聞社 2017年)の翻訳も担当

企業理念

一人ひとりの才能を開花させ、得意を極める人を増やし、
真に豊かな社会の実現に貢献する。

「一人ひとりの強みを活かす」という考え方は、まさに私が長年専門としているストレングス・ファインダーの特徴です。すべての人に同じやり方や行動を求めれば管理も簡単です。しかし、同調行動が前提の協調性を超え、各人の個性を認め活用した上での協調性が可能になった時にこそ、さらなる社会の成熟と経済発展があるのではないでしょうか。
もちろん実現するのは簡単ではないでしょう。しかし「現状から一歩踏み出したい」と思う人々の声が徐々に大きなうねりとなり、時代を動かしつつあります。1年後、10年後、100年後を見据え「強みに基づいたすばらしい組織や社会を作りたい」という志を同じくする人のために、私は貢献したいと思っています。

ストレングス・ファインダーとは

「クリフトン・ストレングス(通称:ストレングス・ファインダー)」は、アメリカの世論調査会社であるギャラップ社が、
インタビュー、メタ解析、心理学を用い、数十年かけて開発した才能測定アセスメント。
人の才能を統計的・論理的にグループ化し、34の資質を特定したもの。

会社概要

事業内容
ビジネスコーチング、ワークショップ・研修・チームビルディングセッション等の企画・実施
所在地
〒102-0085 東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5階
電話番号
03-6332-6653
代表取締役
古屋博子
創業年月日
2018年8月21日
資本金
500万円

SERVICE

CONSULTING

自分らしさを引き出し、活かせる環境を
人は自分の得意なことや得意なやり方で、自分らしく行動できる時、圧倒的なスピードと驚異的なパフォーマンスを出すことができます。ストレングスコーチングや様々な研修、ワークショップを用いて、誰もが自分らしさを存分に発揮できる組織を実現します。

ストレングスコーチング
ストレングスコーチング

社会科学の豊富な知見と、ギャラップ社で長年鍛えられたストレングス・ファインダーのエキスパートとしての経験による直観的な洞察で、クライアントの本質に触れる深いコーチングを実施。一人ひとりの隠れた潜在能力やニーズを引き出します。目標や課題に対して、“その人らしいアプローチ”による突破口が見つかります。あなたらしさを追求する旅に伴走し、パフォーマンス向上と成果につなげます。

エグゼクティブ・ストレングスコーチング
エグゼクティブ・ストレングスコーチング

エグゼクティブの方は普段たくさんの仮面や鎧をつけ、多大な責任と重圧も負っています。それらを外し、個に戻る時間、個を見つめる時間、個を育てる時間を提供し、問題解決や目標達成につなげます。優れたリーダーの共通項は、自分の特徴と扱い方を良くわかっているということです。今よりも高いパフォーマンスを出す、自分らしいリーダーシップスタイルを追求するお手伝いをします。

得られるもの

  • 自分の資質や強みへの理解が深まり、自分ならではのリーダーシップスタイルやマネジメントスタイルが確立される。
  • 自分にしかできない役割や付加価値がわかる。
  • 自分の得意なやり方で課題解決や目標達成ができる。
  • 部下やクライアント、また他の役員とより深くつながる人間関係の築き方がわかる。

Training・Workshop

自分の強みを見つけ、極めることで、ワンランク上のチームへ
参加者の声を引き出し、強みを確立しながら、ポジティブかつ確実に行動変容とパフォーマンス向上につながる研修をご提供します。

ストレングス・ファインダー研修

一人ひとりの強みを見つけ出すツールであるストレングス・ファインダーを使った、パフォーマンス向上につながる研修をご提供します。単なるスキルアップ研修ではありません。自己の潜在能力にフォーカスすることで、参加者がパフォーマンスとレジリエンスの核を形成することを目的としています。

この研修で得られるもの

得られるもの

  • 自分の資質や強みへの深い理解と、直面している課題や目標への具体的なアプローチ法がわかる。
  • 自分の弱みへの前向きな対処法がわかる。
  • 能力とパフォーマンスの最大化につながる。
  • 上司、同僚、クライアントと深くつなかる、より良い人間関係の築き方かわかる。

リーダーシップ研修

優れたリーダーに共通する資質などなく、また「あるべきマネージャー像」に自分を矯正する必要もありません。優れたリーダーに共通するのは、自己認識が深く自分の資質の扱い方を良くわかっているということです。ストレングス・ファインダーを使って「自分らしいリーダーシップスタイル」を確立しましょう。会社や社員の業績アップのために活用しましょう。

この研修で得られるもの

得られるもの

  • 自分らしいリーダーシップ、マネジメントや経営スタイルがわかる。
  • 自分の資質や強みへの深い理解と活用法、自分の弱みへの対処法がわかる。
  • 課題や目標解決に向け、自分の資質を活かした得意なアプローチ方法がわかる。
  • 部下やチームとより深くつながり、パフォーマンスを最大化する方法がわかる。

ダイバーシティ&インクルージョン研修

「近年ダイバーシティの重要性が叫ばれているが、どう対応すべきかわからない」。そんな時はストレングス・ファインダーと異文化感受性発達理論(Intercultrual Development Inventory)による、職場でダイバーシティへの意識を高めるための一味違う研修をご提供します。

この研修で得られるもの

得られるもの

  • 生産的に活用できる、自分ならではの思考・行動・感情のパターンと強みを理解することで、自分のユニークさを理解する。
  • 同時に、他のメンバーのユニークさを理解し、互いを尊重し活用し合う土壌を養成する。
  • 人が、自分以外の存在を受容し上手くやっていくには、発達段階があることを理論的に理解する。

チームビルディングセッション

単に「同僚のことが良く理解できる」だけでなく、チームとしての強みをブランディングし、チーム目標の達成に向けて取るべき行動を引き出します。チームメンバー一人ひとりの強みとチーム総体としての強みを可視化することで、参加者は自分とチームメンバーが持つ役割を認識できます。セッション終了後から、チーム一丸となって目標に向かって取り組める、そんなチームビルディングセッションをご提供します。

この研修で得られるもの

得られるもの

  • チームの強みと付加価値がわかる。
  • チームのブランディングとビジョンが明確化される。
  • チーム目標や課題に対するアプローチ方法がわかる。
  • 自分や各メンバー独自のフィルター、強み、そして付加価値が共有され、風通しが良くなり、生産的になる。
  • 改善余地のある箇所へのポジティブなアプローチ方法がわかる。

CUSTOMER’S
VOICE

研修参加者の声

自分自身の強みを見つめる経験は過去になく、自分の経営スタイルを確立するのに極めて貴重な機会となりました。(男性/経営者)

自分らしいマネジメントスタイルについて考える大変刺激的な時間になっただけでなく、強みにフォーカスしたフィードバックを部下に行うことの大切さを学びました。研修後も引き続きこれらに取り組み、今後のパフォーマンスにつなげていきたいと思います。(男性/経営者)

これまでは部下のやり方に疑問を抱くこともありましたが、研修を受けそれは自分と違う強みを活かしたスタイルだったということを痛感しました。今後は自分の強みを強化しつつ、部下の得意なやり方は何か、探求したいと思います。(男性/管理職)

研修を受けるまでは強みとは何かを知らず、耳が聞こえないこともあって周囲の優秀な人の中で劣等感を感じながら、自分を活かす道を模索していました。しかし「人の育成」という自分の才能の種に気づき、強みとして磨いています。自分の中に強みという「軸」ができたので、家族や社会の中でどんなことがあっても悲観的にならずに「自分や周囲の人にとって快適な状態」を作れるようになりました。(T.O/男性/会社員)

コーチングを受けた人の声

「効率的な経営方法」というテーマで話をしていた際に、古屋さんがある視点を共有してくれました。それは私が思ってもいなかった深い視点であると同時に、過去のあるできごとを思い出させました。その気づきが衝撃的で数秒間、言葉が出ませんでした。何が私の障壁だったのか、そしてより大きな文脈でより良い経営のために何をすべきなのかを理解でき、現在業績の向上につながっています。(N.S/女性/経営者)

年齢を重ね、人生や仕事で相応に経験を積むと「自分のやりたいこと」「本当に好きなこと」がわかってきます。しかし、私は会社からの評価や周囲からの期待に応えるためにその気持ちを抑えてしまうことが多かったように思います。古屋さんのストレングスコーチングを受けて、人生に対する向き合い方が変わり、「自分は自分らしさを伸ばせば良いんだ」と自信を持って行動できるようになりました。(D.H/男性/管理職)

「私だからこそできること」を追及せず諦めていましたが、古屋さんのコーチングを受けて私にできることの可能性を開いてもらい、本当に感謝しています。(A.T./女性/経営者)

古屋さんのコーチングを電話で受け、「なぜ部下とは上手くいくのに、上司とは上手くいかないのか」という悩みの原因がクリアになりました。自分の持っている何の資質が、自分の感情に関わっているのかを知ることができ、上司に対する対応や想いが変わりました。(W.H/男性/会社員)

CONTACT